Pocket

特に女性だと、無理をしてもダイエットをしたい、という人が居るかもしれません。
不健康になってでも、痩せなければという気持ちは、分かります。しかし、不健康がダイエットの効率を落としている可能性があります。

健康じゃないと運動できない

当たり前ですが、体調が悪ければ、運動できなくなります。ダイエットは、運動だけではありませんが、運動がダイエットに効果的なのは言うまでもないでしょう。
例えば脂肪を1kg落とそう思ったら、約7000キロカロリー消費しないといけません。
1か月で1kg痩せようと思ったら、1か月を30日として、1日約240キロカロリーです。

これを運動に換算したら、大体1日1時間程度のウォーキングと言ったところでしょうか。
食べ物で240キロカロリーというと、どら焼き1個程度だと言います。
つまり、毎日どら焼きを食べている人であれば、それを抜くだけでも月1kg痩せられるわけですが、すでに食事制限をしている場合、240キロカロリーを追加で減らすというのは、つらいのではないでしょうか。

健康じゃないと代謝に関わる

体調が悪いと、食欲も無くなり痩せるのではないかと考える人もいるかもしれません。
やつれる可能性はありますから、細くなったと言えば、細くなったと言えるでしょうし、実際食べないことで痩せるという側面もあるでしょう。
しかし、それは諸刃の剣でもあります。

1日の消費カロリーの大部分を担っているのが、基礎代謝です。男性なら1500キロカロリーほど、女性なら1200キロカロリーほど消費していると言います。
運動が含まれる活動代謝が、カロリー消費の2~3割だとされているのに対して、基礎代謝が6~7割と言われていますから、その差は歴然ですね。
基礎代謝とは、生命維持に必要な最低限のエネルギー消費と言っていいですが、各機能が活発であるほど、消費カロリーが大きくなります。

体調不良で、機能が低下すれば、それだけ基礎代謝が低くなりますから、健康でないとダイエットは上手くいかないでしょう。
また、運動が出来ないと、筋力が落ちていく可能性があります。筋力が落ちることも、基礎代謝低下につながりますから、覚えておいてください。

痩せるダイエットサプリの口コミを見る

ダイエット中はストレスも問題に

ストレスは健康の敵といっても良いと思いますが、ダイエットをする人にとっても、大敵です。
ストレスがたまると、気持ちが暗くなるとか、イライラするとか、感情的な面に目が向きがちな人もいますが、実際の体の変化として、血行が悪くなるという悪影響を体に及ぼします。
高い基礎代謝を維持するためには、各機関が正常に働いている必要がありますが、血行が悪くなれば、エネルギー供給が滞り、悪影響を引き起こします。

当然基礎代謝も落ちますから、痩せにくい体になるというわけです。

不健康に痩せるのは危険

健康的であることが、ダイエットを成功させる1つの条件だとは思いますが、そもそも不健康に痩せることは、リスクがあります。
無理な食事制限や運動を続けた場合、体を壊すだけではなく、リバウンドをする危険性が高まるのです。1か月に体重の5%以上痩せるというも、急激な体重減少であり、不健康なダイエットだといいますから、ダイエットは計画的に行うようにしてください。

ダイエットで腸内環境を整える意味は?

ダイエットとは、脂肪を減らして、体重を減らすことが目的ですよね。
ですが、ダイエットをサポートするダイエットサプリの中には、妙に腸内環境を整えることに力を入れているものがあります。
なぜ力を入れるのか、ダイエットとどういう関係があるのか、わかりますか。

腸内環境を整える必要があるのには理由があります

腸内環境とダイエットには、どういった関係があるのかですが、まず単純に腸内環境が悪いと便秘になりやすくなります。
便秘になれば、腸に便がたまりますから、消化吸収に支障が出てきて健康的なダイエットが難しくなるでしょう。
それに溜まった便の分は、体重に加算されたように見えますから、便秘を改善することで少しは体が軽くなります。

何より不健康でいると、代謝が低くなってしまいますから、消費するカロリー量が減って、太りやすくなるでしょう。
細かい話になりますが、腸にはファーミキューテス門菌とバクテロイデス門菌という菌がいて、前者をデブ菌、後者をヤセ菌とも言います。
つまりファーミキューテス門菌が増えれば、太ります。

この2つの菌は、善玉菌と悪玉菌どちらにもなりうる位置にいる菌ですが、ファーミキューテス門菌は悪玉菌、バクテロイデス門菌は善玉菌の働きをしやすいです。
要するに、腸内環境が悪く、悪玉菌が優勢だとデブ菌が多い可能性が高いと言います。

痩せるダイエットサプリの口コミを見る

腸内環境を整えるのに役立つ食品とは

痩せるために腸内環境が大切なことは、わかってもらえたと思います。
腸内環境を整えるには、食事でどうにかしていくしかないでしょう。まず、発酵食品を食べるようにしましょう。
有名どころだとヨーグルトがあげられますが、日本人の体質には合っていないでしょう。

日本人になじみ深いと言えば、納豆や味噌ですから、体質にも合いやすく、体調を崩すこともないはずです。
それから、食物繊維やオリゴ糖も摂るようにしましょう。
食物繊維は、腸内を綺麗にしてくれるという事で、有名だと思いますから説明は省きます。

オリゴ糖は、善玉菌の餌になってくれますから、それだけ善玉菌の活動を活発にしてくれるでしょう。オリゴ糖ですが、大事にも多く含まれていますから、発酵大豆を使ったものはとても腸に良いと言えます。

サプリメントを利用してみるのもおすすめです

食生活をなかなか変えられない、という人もいるかと思います。そういう時には、サプリメントを使ってみるのも、お勧めです。
ダイエットをするうえで、腸内環境が注目されたこともあり、結構な数のサプリメントが登場しています。
どのサプリメントが良いのかは、体質などもあり、人によって異なりますが、見ておきたい成分をいくつかご紹介します。

まずは乳酸菌です。言わずと知れた、善玉菌の1種で、腸内まで生きて届く必要がありますから、カプセルが腸内で溶けるタイプのものか、胃酸に強い植物性の乳酸菌を選ぶといいでしょう。
次のビフィズス菌も、有名ではないでしょうか。腸内を酸性に保つことで、腸の働きを活発にする効果があります。

それから、前述もしました、オリゴ糖も摂っておきたいですね。
最後に日本人は食物繊維不足の人が多いですから、サプリメントで補えると良いでしょう。

まずは身体を内側から変化させよう

ダイエットをするときに、いくら運動しても、痩せやすい体を作っていないとなかなか効果は現れません。まずは腸内環境を整えて、痩せやすい体を作りましょう。

人気の痩せるダイエットサプリランキングはこちら